独身時代の私は、部屋に帰ってくると寝るだけの生活だったように思います。

そんな生活が3、4年も続くとよくくしゃみをするようになってしまいました。

そうじをしない部屋はきっと目に見えない埃でいっぱいだったのでしょう。

そんな埃だらけの部屋も床にあふれていたモノは処分するとそうじがしやすくなり、掃除機をかけたあと、拭きそうじもなんなく済ませることができます。

埃はなくなってしまいます。

独身時代の私の部屋は、足の踏み込む隙間もないくらい床にモノがあふれていました。脱ぎ捨てた衣類とあとはゴミです。

床に置かれたモノを移動するだけでも多くの時間と労力が必要です。

モノを捨てることで、部屋が片付きそうじがしやすくなり、埃がなくなります。

その結果、健康を害していた環境が改善されるというわけです。

部屋が片付いてそうじが行き届いていると、不意に訪れたお客さんにも快く対応でき部屋に案内することができます。

いつもは汚い部屋でも彼女(彼氏)がくると分かっていたら部屋をそうじするでしょう。いつ訪問されても部屋をきれいにしておくと安心です。

そうじして部屋がきれいな状態だと、気持ちまで明るくなり、明日の仕事へも活力が沸いてきます。

hiruzakitukimisou150502